TOPページに戻ります




土肥の殆どの区には天王神社と山神社が併せ祀られています。
天王祭とはこの神社の祭日であり、その祭神は、午頭天王(須佐之男命)です。

各地区の子供たちは七月にはいると太鼓や踊りの練習を始めます。
七月の第二土曜日は宵祭り、第二日曜日は御輿の引き回しがあり、各戸を廻り、祝儀を貰う風習です。
御輿を引き回したり、地区の天王社へ参詣にゆくときは行列をつくりサアヤレ・サアヤレとかけ声をかけます。
各戸の庭ではシャンシャンシャン、イヤー、オシャシャンノシャン、モウヒトツオマケニソレーと囃して御輿を練ります。
御輿は暴れ御輿で上下左右に練り廻すのが一般的です。


土肥の天王祭の祭神は、午頭天王です。
須佐之男命(すさのうのみこと)別名「午頭天王」を祀る中浜区天王神社は、七月の第二土曜日の午後一時に天王神社氏子総代の進行の元に祭典開催の神事行事が行われます。


前夜祭にあたる第二土曜日は神事の後に各地区の幼稚園や子供会、婦人会、青年会による奉納の芸能が賑やかに開催され奉納の太鼓も披露されます。


御神輿の渡御は第二日曜日に行わます。
区内の安全と厄除けを祈願し、各戸には津島午頭天王御守のお札が配られ、本祭の出発前にはご神体が御神輿に氏子総代と青年会長により納められます。


第一回目の御輿の休息所において飾りや鳳凰を外しギボシが青年会長指示の元に取り付けられ御神輿は暴れ御輿となり、区内を一巡するのです。


土肥の各地区には祭りで使われる御輿があります。
それぞれ大きさや重さが異なり共通はしていませんが、例えば中浜地区の御輿の詳細データはこんな感じです。



・高さ:1.5m
・幅:1.32m
・重量:100kg
・材質:杉・楠・桐・垂木272ヶ
・飾り:銅板葺き3kg
・神紋:津島神社織田木瓜
・欄間:四君子彫刻(牡丹・梅に鶯・竹に雀・菖蒲) 


昔から天王祭は子供のお祭りと云われてきました。

土肥に住む子供が元気に育って欲しいとの願いもあったようで、天王祭でも子供達が御輿を担いだり、太鼓を叩いたり、地区内を大きな声で「サーヤレ、サーヤレ」と叫びながら歩いたり、また地区によっては相撲大会も行われています。

昔も今も主役は子供達なんですね。


カーブラカスと言っても何の事だかさっぱりわからない人も多いでしょうが、土肥では所々で御輿を上下左右に激しく揺すったりします。

特に担ぎ手が宙に浮く程の激しく左右に揺さぶる行為を一般的に「カーブラカス」と呼ぶようです。


中浜区は子供御輿、小若御輿、大若御輿の三騎を持ち土肥の中心街にあるので中でも最も賑わう地区として知られています。

数年前までは中浜区の交差点周辺(三叉路)は中浜地区、大藪地区、屋形地区の御輿が暴れ御輿の競い合いをしていたものですが、昨今の交通事情によりそれも出来なくなり、現在では中浜地区と大藪地区が毎年練り歩いております。









お電話の受付時間は9:00〜21:00の間にお願いします。