TOPページに戻ります




NHK朝の連続テレビドラマ「青春家族」のロケをきっかけに、土肥の若者たちと俳優橋爪功さんとの交流が始まりました。
やがて、橋爪功さんの稽古場「橋伊豆」が小土肥に建設され、土肥の若者と橋爪さんの交流がより一層深まり、ある日の会話の中から、菜の花の咲き乱れる中での舞台公演構想が生まれ、平成6年に第一回の公演が行われた・・・これが菜の花舞台の始まりでした。
菜の花、レンゲ、桜の花々に囲まれた畑に舞台が手作りで設営され夜は篝火の中で地元の子供、青年、橋爪功さんの友人たちが公演をはじめる・・ジャンルも津軽三味線、和太鼓、尺八、ジャグジー、パーカッション、沖縄舞踊、西洋お手玉、琵琶演奏、落語など今までに様々な方たちが参加してくれました。
そして地元の子供に加え土肥中学生の合唱、土肥高等学校のバンド演奏も近頃では熱が入った演奏を披露してくれますが、何と云ってもこの公演の力になってくれているのは橋爪功さんと橋爪さん所属の演劇集団「円」のみなさんの力が大きいんです。




第一回公演「気のいい鬼の話」(1994年)
土肥に伝わる人間に利用された気のいい鬼の物語を脚色し「新説・気のいい鬼」と題して菜の花レンゲ畑の中で上演されました。


■その他の出演者(演劇以外)
○小土肥子供会(小土肥子供太鼓)
○マサヒロ水野(西洋風お手玉)
○梅后流かっぽれ(王子かっぽれ道場)
○薩摩琵琶・友吉鶴心(敦盛)
○ヒダノ修(和太鼓「一陣風」)
○富田相明(三味線・太鼓)
○林家たい平(落語)


第二回公演「狂言くすくすわっはっは」(1995年)
■story
主人に留守番を言いつけられた太郎・次郎冠者が「附子と言う毒」実は水飴を警戒しながらも食べてしまい主人にどう言い訳をするか考えを巡らす笑話。

古典狂言を詩人谷川俊太郎氏が現代語に訳した作品


■その他の出演者(演劇以外)
○小土肥子供会(小土肥子供太鼓)
○吉原すみれ・山口恭範(パーカション)
○木下伸市(津軽三味線・唄)
○金城栄善・野原勲(琉球舞踊、三味線・太鼓)


第三回公演「光る山のお話」(1996年)
■story
金山、蛍、菜の花と人間の欲望、争い、愛がテーマとなったこの話は地元の子供四十人が参加ギリシャ劇に見られるコロス(合唱隊)の役割をはたしました。

■その他の出演者(演劇以外)
○小土肥子供会(小土肥子供太鼓)
○マサヒロ水野(西洋風お手玉)
○村山二郎グループ(篠笛・和太鼓ドラム・キーボード)
○仲濱靖一(唄・三味線)
○仲濱美佐緒(太鼓)
○川田功子(琉球舞踊)


第四回公演「すりこぎすりばち」(1997年)
■story
金を生むすりこぎとすり鉢の争奪戦を面白おかしく上演した話。

他にパーカションカルテット「アンサンブルマリンバーナ」や南米エクアドルから来たタキソンゴイによるコンサートなど演奏されました。


■その他の出演者(演劇以外)
○小土肥子供会(小土肥子供太鼓)
○馬二九會(木遣り)
○アンサンブルマリンバーナー(パーカション)
○土肥中学生(合唱)
○木津かおり・木下伸市・土井啓輔・ヒダノ修一(日本の音シリーズ)


第五回公演「わるぞう・わるすけ」(1998年)
■story
金銀財宝のある村に旅人の悪造と悪助が村を乗っ取ろうとしたが神主のアイディアにより逆にだまされると言うお話。



■その他の出演者(演劇以外)
○小土肥子供会(小土肥子供太鼓)
○新垣ちさと・新垣ちよの(残波大獅子太鼓)
○朝野まち子・カマチ リカ(和泉太鼓)
○土肥中学生(合唱)
○土肥高校生(ブラスバンド)
○平田蛍(津軽三味線・尺八)
○梅后流かっぽれ(王子かっぽれ道場)
○G&G(ベンチャーズサウンド)


第六回公演「天狗のお山」(1999年)
■story
心の優しい天狗と村の娘が恋をした天狗の持つ秘薬を盗もうとドロは娘を利用し村人を巻き込み画策するが天狗と娘の恋の代償に破れるお話。



■その他の出演者(演劇以外)
○小土肥子供会(小土肥子供太鼓)
○土肥中学生(合唱)
○土肥高校生(ブラスバンド)
○一噌幸弘(能楽師・笛方)
○吉野弘志(ウッドベース)
○三遊亭鳳楽(落語)
○花火打ち上げ


第七回公演「菜種ぎつね」(2000年)
■story
見事に人間を化かすと言う菜種キツネを捕まえようと見世物屋がやってきた。

母キツネが捕まり愛する人間にだけは化けることの苦手な菜種キツネは母を助ける為についに人間に化けて助けると言うお話。


■その他の出演者(演劇以外)

○小土肥子供会(小土肥子供太鼓)
土肥中学生(合唱)
○土肥高校生(ブラスバンド)
○豆州和太鼓集団粋鼓伝(太鼓演奏)
○花火打ち上げ


第八回公演「気のいい鬼・リメーク版」(2001年)
第一回に公演され評判の良かった「気のいい鬼の話」を更にリメークし再公演。


■その他の出演者(演劇以外)
○小土肥子供会(小土肥子供太鼓)
○土肥中学生(合唱)
○土肥高校生(ブラスバンド)
○雪竹太郎(静岡第一回大道芸優勝者の大道芸)
○響(ラテンダンス)
京太郎と晴彦(歌)
○豆州和太鼓集団粋鼓伝(太鼓演奏)

○花火打ち上げ


第九回公演「2050年から来た男」(2002年)
■story
未来から来た男が気の弱い男の恋愛の見方をするが恋敵は自分であると言うお話



■その他の出演者(演劇以外)
○小土肥子供会(小土肥子供太鼓)
○土肥中学生(合唱)
○土肥高校(ブラスバンド演奏)
○天城連峰太鼓(和太鼓演奏)
○インド舞踊(5人グループ)
○Gセブンマグナム(2名の寸劇)
○花火打ち上げ


第十回公演「土肥の仇討ち・武蔵外伝」(2003年)
■story
巌流島の決闘後武蔵は消息不明であったが何と土肥にいた・・雨天の為、夜の部は稽古場で上演し、昼の部は中止となりました。




■その他の出演者(演劇以外)
○小土肥子供会(小土肥子供太鼓)

○雨天の為、演劇以外の演目は中止


第十一回公演「土肥の仇討ち・武蔵外伝」(2004年)
■story
巌流島の決闘後、父の敵を討つべく旅をしていた佐々木小次郎の娘が消息不明であった武蔵を土肥の地で発見し、ついに仇討ちを挑むものの・・・


■その他の出演者(演劇以外)
○小土肥子供会(小土肥子供太鼓)

○ぶんやともあき(歌)

○土肥中(合唱)
○土肥高(ブラスバンド)
○豆州和太鼓集団粋鼓伝(太鼓演奏)
○花火打ち上げ


第十二回公演「土肥版・義経勧進帳」(2005年)
■story
奥州に逃れる義経一行は土肥の関所で通過するべく何と義経が勧進帳を読む羽目となる・・


■その他の出演者(演劇以外)
○小土肥子供会(小土肥子供太鼓)
○土肥中3年(合唱)
○和響太鼓(和太鼓演奏)
○ぶんやともあき(歌)
○土肥高(ブラスバンド演奏)
○京太郎と晴彦(歌)
○修善寺工業高校(和太鼓演奏)
○東京打撃団(太鼓演奏)
○粋鼓伝ジュニア(和太鼓演奏)
○花火打ち上げ


第十三回公演「芭蕉と西鶴・旅路の鞘当」(2006年)
■story
俳人日本一の座をかけて芭蕉と西鶴が土肥の地で俳句合戦するハメに!しかし勝者は意外にも・・・。


■その他の出演者(演劇以外)
○小土肥子供会(小土肥子供太鼓)
○土肥中3年(合唱)
○土肥高校(ブラスバンド)
○ヒダノ修一(和太鼓)
○修善寺工業高校(和太鼓)
○土肥粋鼓伝ジュニア(和太鼓)
○オレンチェ(歌と踊り)
○花火打ち上げ


第十四回公演「冥土の渡守」(2007年)
■story
三途の川の渡し場で渡し守をやっている忠兵衛はシャバに未練を残しておりました。そこでエンマ様に泣きついたところ亡者千人を舟で渡したらシャバに返してやると約束してくれました。いよいよ千人目を向かえシャバに帰る日がやってきました。・・しかしそこに思わぬ展開が・・・(雨天の為、夜の部は稽古場で上演)


■その他の出演者(演劇以外)
○小土肥子供会太鼓(小土肥子供太鼓)
○土肥高校(ブラスバンド演奏)
○修善寺工業高校(和太鼓演奏)
○レナード衛藤(和太鼓演奏)
○花火打ち上げ



第十五回公演「新古事記伝(創作民話)」(2008年)
■story
前半はイザナギノミコト、イザナミノミコトと言う初めてこの地上に男女の神様が誕生したお話、そして中盤から後半にかけてはスサノオノミコトの六代目の子孫、大国主命の因幡の白兎のお話をコミカルに芝居と踊りで演じています


■その他の出演者(演劇以外)
○小土肥子供会(和太鼓演奏)
○土肥粋鼓伝ジュニア(和太鼓演奏)
○川崎太鼓団・明(あかり)
○土肥中学校(コーラス)
○土肥高校(ブラスバンド)
○土肥ジュニアバンド(バンド演奏)
○花火打ち上げ



第十六回公演「織姫彦星伝説−天の川」(2009年)
■story
帝の紹介で出会った織姫と彦星。
2人はたちまち恋に落ちてしまうが、愛しすぎた2人は仕事もせずに日夜寄り添う日々を過ごしてしまう。
そのことを知り怒った帝は2人を引き離し地上に落としてしまう。
地上に落ちた2人は記憶を失い、それぞれ盗賊や強欲な宿屋主人の元で過ごすが、織姫の織った反物がきっかけで出会ってしまうのだが・・・・・。

■その他の出演者(演劇以外)
○小土肥子供会(和太鼓演奏)
○土肥粋鼓伝(和太鼓演奏)
○土肥中学校(コーラス)
○土肥高校(ブラスバンド)
○矢野つよし(すすめ!こども救急隊の歌)
○ヒダノ修一(和太鼓奏者)
○ロンロン(タップダンス披露)
○戸田美凛舞(よさこい踊り)
○花火打ち上げ


第十七回公演「ヤヌスの笛吹き」(2010年)
■story
クーデターの起きた王国の女王を笛吹きが助ける物語、この語りでクーデターを起こした悪役の大臣を演じるのが橋爪功さん。(歌有り踊り有りのステージ)

■その他の出演者(演劇以外)
○小土肥子供会(小土肥子供太鼓)
○土肥中学校生徒による合唱
○和太鼓演奏「粋鼓伝」
○タップダンスRON×Uロンロン
○土肥高校吹奏楽部演奏
○清水港かっぽれ総踊り
○伊豆総合高校郷土芸能部の和太鼓演奏
○村山二郎(劇中のしのぶえ演奏)
○花火打ち上げ


第十八回公演「だまし絵・トロンプルイユ」(2011年)
東北地方の大震災、計画停電等で中止。

11月に改めて象牙美術宝庫特設ステージで開催する予定がまたも雨で中止。


第十九回公演「だまし絵・トロンプルイユ」(2012年)
■story
妻が死んだのは息子のせいだと誤解したまま息子は死んでしまった。
ある日、島に遭難した者が島の主人に元気がないので祭りをやろうと持ちかけ主人の宝を盗もうとしたところを死んだ息子に助けられ誤解がとけるというお話をタップダンスや踊りを交えてコミカルに演じる。

■その他の出演者(演劇以外)
○小土肥子供会(太鼓演奏)
○土肥中学校(合唱)
○粋鼓伝(和太鼓)
○伊豆恋桜連(阿波踊り)
○中北英紀・ギター&エドワーズ(トロンボーン・バンド演奏)
○土肥高吹奏楽部(演奏)
○伊豆総合高校郷土芸能部(和太鼓)
○静岡北高チェアーディング部
○京太郎と晴彦(歌)
○村山二郎(篠笛演奏)
○平沼仁一(太鼓)
○RON×Uロンロン(劇中タップ)


第二十回公演「贋作・八犬伝」(2013年)
■story
江戸時代後期に曲亭馬琴によって著された「八犬伝」を贋作八犬伝と脚色し橋爪功さんが講釈師として見てきたようなストーリーを展開する。

■その他の出演者(演劇以外)
○小土肥子供会(太鼓演奏)
○土肥中学校(合唱)
○和太鼓演奏・豆州和太鼓集団粋鼓伝
○MUSICS・TAGE/YOSU
○和太鼓演奏/東京打撃団
○ブラスバンド演奏/土肥高校&伊豆総合高校
○和太鼓演奏/伊豆総合高校郷土芸能部
○チアリーディング/静岡北高・中学校


第二十一回公演「紅柄谷(べんがらだに)の子守唄」(2014年)
■story
“マカロニウエスタン”の和風版
紅柄谷の巣くう悪人が塩の運搬車を襲をう。その時、紅飛(べにとび)が助けようとするが返り討ちにあってしまう。紅飛は橋爪功さん扮する酔いどれの「銀鼠(ぎんねず)」に強くなる技の訓練を受けるが、銀鼠は悪者一味に殺される。その濡れ衣を紅飛は着せられる・・・・

■その他の出演者(演劇以外)
○小土肥子供会(太鼓演奏)
○土肥中学校(合唱)
○沼津市・オレンジポート(歌)
○豆州和太鼓集団粋鼓伝(和太鼓演奏)
○京太郎と晴彦(歌)
○Female Dance Team DELTA(ヒップホップ)
○土肥高&伊豆総合高校吹奏楽部(ブラスバンド演奏)
○静岡北高等学校(チアリーディング)
○伊豆総合高校郷土芸能部(和太鼓)
○農兵節(三島農兵節普及会)
○飛龍高等学校話題鼓部(和太鼓演奏)


第二十二回公演「処方箋」(2015年)
■story
ミミズク村で橋爪功さん扮するおばあさんと三兄妹が偽の処方箋を発行して村人をだますサギの話し

■その他の出演者(演劇以外)
○小土肥子供会(太鼓演奏)
○土肥中学校(合唱)
○豆州和太鼓集団粋鼓伝(和太鼓演奏)

○土肥高&伊豆総合高校吹奏楽部(ブラスバンド演奏)
○静岡北高等学校(チアリーディング)
○伊豆総合高校郷土芸能部(和太鼓)





菜の花舞台での楽しみ!
菜の花舞台は屋外の花畑に設けられた会場で歌やお芝居を楽しむイベントです。ですから見学者も写真のように花畑に座って見物します。

菜の花舞台は毎年、4月の第二土曜日(夜の部)と日曜日(昼の部)の二日間行われるイベントですが、夜の部である土曜日はお芝居終了後にミニ花火大会が行われる楽しみがあります。

イベントと云えば出店ですが、もちろんこの菜の花舞台でも少ないながらも出店が設けられ、飲み物や軽食が販売されていますのでお芝居見物しながら食べたり飲んだりしている人も多く見かけます。









お電話の受付時間は9:00〜21:00の間にお願いします。