TOPページに戻ります






潮騒単品別注料理「トコブシの煮付け」

皆さんは「トコブシ」と云う貝を御存知でしょうか?それはまるで小さなアワビと言っても素人にはわからない程よく似ている貝で、土肥では昔からよく味わっている食材として知られています。

その味は大変美味しく、人によってはアワビ以上と絶賛する隠れた磯の名産品です。
残念ながら土肥では食べさせてくれる宿や料理店は極僅か・・と少ないのですが、この度、当宿では「夏の単品メニュー」としてお客様に提供させていただきます。
当宿のトコブシ料理は約5cmほどの大きさの物を3個セットにして地元が食べている調理法「煮付け」でお出しいたします。




外見はアワビに酷似していますが、25cm前後まで大きくなるアワビに対して、トコブシは最大7〜8cm前後までしか成長しない貝として知られています。
アワビとの違いはいくつかあるようですが、主に殻にあいている穴の数が異なっていて、アワビは殻の穴が4〜5個程度に対して、トコブシの殻の穴は6〜9個程度と多いのが特徴です(地元では主に殻を側面から見て穴の開いている突起物の有無で見分けています)。

海草を主食としているこの貝は浅瀬の磯に住み、岩や石等の底(床)に殻を伏せているように生息している事から「床に伏せている貝」が転じて「トコブシ(床伏)」と言う名称になったと云われております。





潮騒単品別注料理「自家製心太(ところてん)」

土肥は昔から上質の天草が採れる地域として知られてきました。
今でも高値で取引されている土肥の天草を使って当宿では要望が多かった「心太(ところてん)」を単品メニューとして御提供させていただきます。
また、土肥の天草は入手できる期間が短いため、夏休み限定とさせていただきます事を御容赦ください。






潮騒単品別注料理「旨イカそ−めん」

当館が贈る夏の限定MENU・・・それがイカソーメンです。
上品で美味しい夏が旬のアオリイカ(バショウイカ)をソーメン風にしたもので、お客様に好評を得ています。刺身として食べても勿論OK!是非一度「夏の風味」を御賞味ください。

 ご希望のお客様は宿泊予約時に「イカそ〜めんも食べたい!」・・とお申し出ください。





潮騒単品別注料理「金目鯛の干物」








 1月のお勧め  2月のお勧め  3月のお勧め  4月のお勧め
 5月のお勧め  6月のお勧め  7月のお勧め  8月のお勧め
 9月のお勧め 10月のお勧め 11月のお勧め 12月のお勧め





お電話の受付時間は9:00〜21:00の間にお願いします。