TOPページに戻ります



食事の後は旅先の飲み屋で「ちょっと一杯」・・なんてのもお客様の定番コース。
でも、ほろ酔い気分での帰り道って迷ったりするもので、まして旅先の地では道に慣れていないから尚更のようです。
もし、そんな心配をしている方は御安心下さい、当館がお奨めする飲み屋街まで徒歩2分という近さ!しかも右へ曲がってまっすぐ行くだけの簡単なルートです。



名称 日帰り温泉・湯茶寮マルト
コメント 花時計のすぐ近くにある土肥で唯一の日帰り温泉施設で、当宿から徒歩7分と近い場所にあります。大浴場、野天風呂、展望風呂の施設が大人¥700で利用できるのは嬉しい。更に館内にある食事処(別料金)では本格的な磯料理も堪能できます。
営業時間 午前11時〜午後10時
利用料金 大人 ¥1,000
定休日 不定休

名称 共同浴場・弁天の湯
コメント 土肥に4箇所存在する共同浴場の中で一番新しく作られた温泉を使った共同浴場。土肥漁港沿いにあり当宿から徒歩5分と近いお勧めの共同浴場。小さいながらも露天風呂も備わっており地元やお客さんに好評な共同浴場として知られています。
営業時間 午前10時〜午後9時
利用料金 大人 ¥500
定休日 第2火曜日



世界一の花時計周辺には「黄金の湯」と云う名の足湯が設けられています。

足は「第二の心臓」と呼ばれている程、人間にとって重要な神経とか血管が走っている部位だけに足だけ温泉につかる足湯は科学的にも効果があると云われています。

土肥の足湯の利用料はもちろん無料(ご希望の人に近くの観光案内所では足拭きタオルも販売されています)、しかも夜間も照明が灯されていますので利用可能となっております。



潮騒から徒歩で行けるお勧めポイント
西伊豆地区最大と云われる土肥の海水浴場は遠浅でお子様でも安心な海水浴場です。日本の水浴場88選にも選ばれたこの海水浴場にはシーズン中、ライフセーバーの方々が皆さんの安全を見守ってくれています。 土肥の夕陽は様々な箇所で見る事ができます、土肥漁港や旅人岬、松原公園や海水浴場・・・例を挙げたらキリがありませんが、やはり海岸から見た夕陽がお勧めです。
周囲には市営駐車場や足湯、海岸がある好立地に恵まれた場所にある土肥の花時計はギネスブックにも登録された世界一の大きななんですよ。 土肥の中心を流れる小さな川、鮎やヤマメ等季節によって釣れる魚が異なりますが、ここで釣りをするには遊漁証が必要ですので御注意を!



潮騒から車で行けるお勧めポイント
小土肥地区に作られた人口の海水浴場、白い砂がとても綺麗でわざわざココに泳ぎに行く人も多いんだとか! 土肥と小土肥の中間地点にあたる磯に作られた展望台、富士山こそ見えませんが、ここから見る夕陽はとても美しく通年見る事ができます。
主人が趣味で集めていた象牙作品を展示している美術館、その作品の美しさは自分の目で見ないとわかりません(館内は撮影禁止です)。 海に設けられた釣り堀、2つの生け簀の中にはアジやタイが入っており、誰でも簡単に釣る事ができますが、釣った魚は買い取りですので御注意を!
当時の金山として栄えた土肥の様子を人形やミニチュアを使ってわかりやすく解説している観光地、入場者が有料で参加できる「温泉砂金取り体験」が人気のようです。 土肥の鉱山をそのまま観光名所にした全てが本物の観光地、主人自ら案内してくれるのが嬉しいですね。
桜や花の名所として知られていますが、公園内にはテニス場、ナイター設備付きの野球場、ゲートボール場も完備されているスポーツ施設なんです。 3回鳴らせば愛が叶うと云われている「ラブコールベル」で有名な景勝地、恋人宣言証明書や愛情絵馬等、ユニークなコーナーが盛りだくさんです。
土肥で一番多くの観音様が祀られているお寺、特に悲母観音像がある事で知られています。 1枚が畳1畳分にもなる日蓮上人の生涯を描いた板額絵が90枚も飾られている事で有名なお寺。土肥の城主であった富永氏の菩提寺としても知られています。
静岡県の天然記念物に指定された大楠があるお寺、土肥温泉発祥の湯である「まぶ湯」がある事で有名です。 「平安の大楠」と呼ばれる静岡県神社庁から指定されたほどの銘木がある神社、10月に行われる秋の例大祭はここで開催されます。
八木沢地区にあるこのお寺にはパゴタ慰霊塔が建てられており、第二次大戦で亡くなった戦没者の遺品等が飾られています。土肥では自動車の厄除けを有料で行ってくれる事で有名なお寺です。 八木沢・大久保地区にある曹洞宗のお寺、無くしたものが出てくると云う「青面金剛の石碑」があるお寺として知られています。
4月に咲く「伊豆最福寺しだれ」で有名なお寺、他にも本因坊秀和の祈念碑や資料、土肥からの出土品等を展示している資料館「夢の実現堂」は必見です。 恋人岬のすぐ近くにあるお寺(通称:健康寺)。達磨販売はもちろんの事、各種ご祈祷も有料で承ってくれます。やはり見所は日本一大きな達磨大師座像でしょうか?



土肥のイベントを御紹介!
毎年4月上旬の2回、俳優「橋爪功」さんと劇団「円」の皆さんが無料で披露してくれる屋外舞台です。他にも様々なゲストが参加して賑やかなイベントですよ。 毎年、6月から9月にかけて数回行われる海の体験教室、夜間、漁船に乗り込んで集魚灯の光に誘われて近づいてきた飛び魚をタモを使って取るという・・・単純だけどちょっと難しい有料体験教室なんです。
毎年7月から8月にかけて行われる海の体験教室です。主催は土肥温泉旅館協同組合、講師ははまぼう倶楽部が担当します。 毎年、8月18日〜21日までの4日間花時計のある松原公園周辺で行われる「土肥サマーフェスティバル」です。特に花火大会はお勧めですよ!



土肥のお勧めポイント(桜&蛍)
毎年、12月下旬〜2月上旬にかけては土肥の早咲き桜「土肥桜」が見頃となります。万福寺や土肥金山駐車場等で見る事が出来ます。 毎年3月中旬〜下旬にかけては八木沢地区里山に淡墨桜二世が咲きます、この桜は岐阜県・根尾村より頂いた日本三大桜の一つである「淡墨桜」の苗木を頂きここまで育った大切な二世木なんです。
毎年3月中旬〜下旬頃、八木沢地区の妙蔵寺境内に咲くしだれ桜はとても綺麗です。 丸山公園内には桜が多種にわたって咲いています。土肥桜、染井吉野、大島桜、アメリカ、小松乙女、ウコン桜、御衣黄、河津桜、十月桜・・・等
毎年4月上旬〜中旬にかけて、小下田地区の最福寺境内では新品種桜「伊豆最福寺しだれ」が咲きます。 毎年5月下旬〜6月上旬にかけて、馬場(ばんば)地区にある佐藤さん宅前の小川に蛍が放流されます。しかし、正式な駐車場がありませんので御注意ください。



潮騒親父イチオシの場所はココ!「西伊豆スカイライン」
山の間に見える600mの山道を歩くと達磨山山頂に到達できます。 土肥の山頂を走る西伊豆スカイライン、以前は有料道路として利用されていたのですが、2004年8月より全面無料道路として一般開放されより身近な道路となってきました。

この道路の魅力は信号のない標高900m前後の山頂を快適に走れるだけでなく、天気の良い日には声を上げたくなるほど見事な霊峰富士が見えたり、季節ごとに彩りが変化する山々を間近で見られる事でしょうか。

とにかく快晴の日にはお勧めの交通ルートです。
西伊豆スカイラインから見える戸田の街 標高900m地点にある小さな小土肥駐車場、ここで記念写真を撮る人が多いです。



駿河湾フェリーに乗ろう!
土肥から清水港を65分で結ぶ駿河湾カーフェリーは遠方(特に名古屋・大阪方面)から来る人にはとても便利なルートです。

こちらも快晴時には船上から富士山を見る事ができるので富士山見学ポイントとしても人気があるようです。

2005年7月からは新フェリー「富士」が登場した駿河湾フェリーは土肥だけでなく伊豆全体にとって重要な海の交通ルートとなっています。 駿河湾フェリー「富士」











お電話の受付時間は9:00〜21:00の間にお願いします。